ロシア陸連の処分解除を見送り 国際陸連、来年2月再検討

 国際陸連の理事会を終え、記者会見するセバスチャン・コー会長=1日、モナコ(共同)
国際陸連の理事会を終え、記者会見するセバスチャン・コー会長=1日、モナコ(共同)
写真を見る

 【モナコ共同】国際陸連は1日、モナコで理事会を開き、国ぐるみのドーピング問題で昨年11月に資格停止としたロシア陸連の処分解除を見送った。調査チームの責任者、ルネ・アンデシェン氏からロシアの組織再建に向けた進捗状況が報告されたが、独立した検査態勢の確立などで「時期尚早」と判断された。来年1月にロシアを訪れて報告書をまとめ、2月の理事会で再検討する。

 セバスチャン・コー会長は記者会見で「昨年、厳しい決断をしなければロシアの改革は進まなかった」と述べ、ドーピングに関わった指導者らに刑事罰を科す新法成立や人事刷新には一定の評価をした。

◆好評の西日本新聞アプリ。3ヶ月無料の締め切り迫る。早めの登録がお得です!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]