高梨、最終調整でやや伸び悩む W杯ジャンプ女子開幕戦

 ノルディックスキーW杯ジャンプ女子開幕戦の会場で最終調整した高梨沙羅=1日、リレハンメル(共同)
ノルディックスキーW杯ジャンプ女子開幕戦の会場で最終調整した高梨沙羅=1日、リレハンメル(共同)
写真を見る

 【リレハンメル共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ女子は2日午後5時(日本時間3日午前1時)にリレハンメルで行われる個人第1戦(ヒルサイズ=HS100メートル)で開幕する。2季連続4度目の個人総合優勝を狙う高梨沙羅(クラレ)は1日、会場での最終調整で3回の飛躍を行い、90・5メートル、97・5メートル、90メートルとやや伸び悩んだ。

 助走路の滑りがしっくりきていないと言い「1本も納得いくジャンプが出なかった。反省点を整理し、切り替えていければ」と話した。開幕戦を勝ったシーズンは全て総合優勝を手にしている。

◆好評の西日本新聞アプリ。3ヶ月無料の締め切り迫る。早めの登録がお得です!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]