女子エペは下大川が初優勝 全日本フェンシング

 女子エペ決勝 山田あゆみ(手前)を破り優勝した下大川綾華=駒沢体育館
女子エペ決勝 山田あゆみ(手前)を破り優勝した下大川綾華=駒沢体育館
写真を見る

 フェンシングの全日本選手権個人戦第2日は2日、東京・駒沢体育館で行われ、女子エペ決勝は昨年の世界選手権代表の下大川綾華(テクマトリックス)が山田あゆみ(城北信用金庫)に15―11で勝ち、初優勝を飾った。下大川は準決勝で鈴木穂波(日大)を15―12で退け、決勝は序盤の劣勢を覆して勝利した。

 男子サーブル決勝は島村智博(警視庁)が新井弘太(A)を15―11で下し、4連覇を達成した。島村は準決勝でフィッツジェラルド邦彦(ネクサス)を15―9で圧倒。決勝は中盤に抜け出して快勝した。

◆好評の西日本新聞アプリ。3ヶ月無料の締め切り迫る。早めの登録がお得です!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]