WBA王者の村田が初のMVP プロボクシング年間表彰

 ボクシングの2017年プロ優秀選手が発表され、記念撮影する(左から)田口良一、村田諒太、井上尚弥、木村翔=9日、東京都内のホテル
ボクシングの2017年プロ優秀選手が発表され、記念撮影する(左から)田口良一、村田諒太、井上尚弥、木村翔=9日、東京都内のホテル
写真を見る

 ボクシングの2017年プロ優秀選手が9日に発表され、男子最優秀選手には昨年10月に世界ボクシング協会(WBA)ミドル級王者となった村田諒太(帝拳)が初選出された。12年ロンドン五輪金メダリストの村田は日本選手として22年ぶり2人目の同級世界王座に就き、4月に初防衛戦が控える。東京都内で行われた表彰式で「1日でも長くチャンピオンでいたい。ベルトに恥じないように闘いたい」と意欲を新たにした。

 技能賞は世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級王者の井上尚弥(大橋)が2年連続2度目の受賞。バンタム級に階級を上げて5、6月ごろに次戦を見据える。

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]