五輪除外、ロシアで反発広がる 「バッハ辞めろ」の声も

 【平昌共同】スポーツ仲裁裁判所(CAS)がロシア選手ら47人の平昌五輪参加の申し立てを棄却したことを受け、ロシアでは9日、反発が広がった。国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長に対し「辞任すべきだ」(上院議員)との声も出た。

 スポーツを担当するムトコ副首相はインタファクス通信に、IOCが個人資格でロシア選手の参加を認めた手続き自体が「不透明で矛盾だらけだった」と指摘し、今回のCASの決定にも「IOCの圧力があった」と主張した。

 ロシア上院のコサチョフ国際問題委員長は、CASの決定は「完全に政治的なものだ」とフェイスブックに書き込んだ。

ボートレース 直前チェック予想 これを買え!

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]