平昌、メダル1号へ高木美仕上げ スピード、10日号砲

 最終調整する高木美帆=江陵(共同)
最終調整する高木美帆=江陵(共同)
写真を見る

 【平昌共同】スピードスケートは10日に女子3000メートルで競技がスタートする。9日は本番会場で、日本勢メダル第1号を期待される高木美帆(日体大助手)が、菊池彩花(富士急)佐藤綾乃(高崎健康福祉大)とともに最後の仕上げとして軽めに滑った。

 序盤の加速の加減などを丁寧に確かめた高木美は終始、穏やかな表情。取材には応じなかったが、日本オリンピック委員会(JOC)を通じ「五輪が近づいているという実感と、どこかですぐそこにあるというのが信じられない、複雑な気持ち」と開幕を控えた心境を述べた。

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]