春日山力士12人が引退 移籍組は中川親方が指導

 春日山部屋の力士らと面談した追手風親方=19日、川崎市
春日山部屋の力士らと面談した追手風親方=19日、川崎市
写真を見る

 大相撲の春日山親方(元幕内浜錦)が師匠の辞任勧告を受諾して春日山部屋が消滅したことを受け、同部屋に在籍していた幕下以下の力士23人のうち12人の引退届が日本相撲協会に受理されたことが19日、関係者の話で分かった。幕下の水口ら勧告撤回を求めて嘆願書を記した11人が含まれるとみられる。

 春日山親方や残る力士11人らを受け入れる追手風部屋の師匠、追手風親方(元幕内大翔山)はこの日、川崎市内で移籍組の力士8人らと面談し、追手風部屋付きの中川親方(元幕内旭里)が師匠代行として主に指導することを伝えた。

◆好評の西日本新聞アプリ。3ヶ月無料の締め切り迫る。早めの登録がお得です!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]