日馬富士、巡業を最初から休場 両足首痛で、途中参加予定

 大相撲の横綱日馬富士が両足首痛のため冬巡業(4日から14日間)を最初から休場することが2日、明らかになった。

 日本相撲協会巡業部の玉ノ井副部長(元大関栃東)によると、途中から参加する予定。日馬富士は11勝4敗だった11月の九州場所で、古傷の両足首の不調を訴えていた。

◆好評の西日本新聞アプリ。3ヶ月無料の締め切り迫る。早めの登録がお得です!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]