貴乃花親方、理事解任へ 著しい義務違反と理事長

 貴乃花親方の理事解任を決議した臨時理事会の終了後に記者会見する日本相撲協会の八角理事長(中央)。左は鏡山危機管理部長、右は危機管理委員会の高野利雄委員長=28日午後、東京・両国国技館
貴乃花親方の理事解任を決議した臨時理事会の終了後に記者会見する日本相撲協会の八角理事長(中央)。左は鏡山危機管理部長、右は危機管理委員会の高野利雄委員長=28日午後、東京・両国国技館
写真を見る

 日本相撲協会は28日、東京都墨田区の両国国技館で臨時理事会を開き、元横綱日馬富士関(33)による暴行事件で、巡業部長として報告を怠るなどした貴乃花親方(45)=元横綱、本名花田光司、東京都出身=の理事解任を決議した。同親方を除いて採決が行われ、全会一致で決まった。来年1月4日に開かれる臨時評議員会で決議されれば、相撲協会初の理事解任が正式に決まる。

 八角理事長(元横綱北勝海)は記者会見で「理事の忠実義務に著しく反するものと言わざるを得ない」と厳しい口調で理由を述べた。

 役員待遇委員に2階級降格する重い処分だが、同2月の理事候補選挙には立候補できる。

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]