貴乃花親方、HPで立候補を説明 「意見交わせる風土を」

 貴乃花親方
貴乃花親方
写真を見る

 大相撲の貴乃花親方(元横綱)は1日付で貴乃花部屋のホームページを更新し、日本相撲協会理事候補選挙に立候補した理由について「自由に意見を交わせる風土を作り上げることを私の目標といたしたい」などの声明文を発表した。

 声明文で貴乃花親方は相撲協会の現状について「過去の反省を顧みない度重なる暴力事件や不祥事により、国民の皆様の期待を大きく裏切り、社会的な信用を損なった結果、組織としての公益性や透明性が大きく問われております」と厳しく指摘。その上で「大相撲は誰のものか? その公益性の意味を我々は考え直し、正す時期に来ている」などと問題提起した。

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]