相撲協会の理事候補選、2日投票 注目の貴乃花親方、劣勢か

 日本相撲協会の理事会に向かう貴乃花親方=1日午後、東京・両国国技館
日本相撲協会の理事会に向かう貴乃花親方=1日午後、東京・両国国技館
写真を見る

 日本相撲協会は1日、2年の任期満了に伴う理事、副理事候補選挙の立候補者を受け付け、いずれも定数を上回ったために2日の投票(即日開票)へ持ち込まれた。定数より1人多い11人が立った理事候補選挙は、1月に理事を解任された貴乃花親方(元横綱)の当落が最大の注目だ。

 所属する貴乃花一門内の持ち票が少なく、劣勢とみられる。他の一門から協力を仰ぎ、票を上乗せできるかが焦点。貴乃花親方は報道陣に無言を貫いたが、貴乃花部屋ホームページでコメントし、度重なる不祥事を受け「この最中で行われる理事の改選の意味合いは、いままでにない特別なもの」などと記した。

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]