春巡業、関脇栃ノ心は順調 大関とりへ「やってやる」

 関取衆との申し合いを再開した栃ノ心(右)=東京都町田市
関取衆との申し合いを再開した栃ノ心(右)=東京都町田市
写真を見る

 大相撲の春巡業は20日、東京都町田市で行われ、夏場所(5月13日初日・両国国技館)で初の大関とりに挑む関脇栃ノ心が関取衆との申し合いを再開し、無傷の15連勝と順調な調整を披露した。

 夏場所での新三役確実な遠藤を土俵下まで一気に追いやり、差し身のうまい隠岐の海に対しては、得意の右四つ左上手で力強く寄り切った。右肩を痛めており「ちょっと気になるけど、四つ相撲や突き、押しとかいろんなタイプの力士とやりたかった」と満足げ。春巡業が終了する27日までに大関高安に稽古を申し込む意向で、夏場所に向け「頑張る。やってやる」と意欲をみなぎらせた。

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]