女性と土俵問題、宝塚市長が賛同 「一緒に手を取り合う」

 記者会見する兵庫県宝塚市の中川智子市長=20日、宝塚市役所
記者会見する兵庫県宝塚市の中川智子市長=20日、宝塚市役所
写真を見る

 兵庫県宝塚市の中川智子市長は20日の定例記者会見で、大相撲の土俵に女性が上がれない問題に関し、東京都三鷹市の清原慶子市長らが林芳正文部科学相への要望書提出を調整している動きに触れ「多くの人と一緒に手を取り合ってやっていくことに意味がある」と述べ、賛同する意向を示した。

 中川市長は今月6日の宝塚市の巡業で、土俵下からあいさつし、男女不平等だと訴えた経緯があり「勇気が必要だった。仲間がいるのは力になる」と強調した。

 中川市長は19日、日本相撲協会とスポーツ庁を訪れ、女性市長らが土俵に上がることを認めるよう求める要望書を同市単独で提出している。

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]