西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

外国人ら招き相撲イベント 東京五輪・パラの機運醸成

 「大相撲beyond2020場所」で横綱土俵入りを披露する稀勢の里関=4日、両国国技館(代表撮影)
「大相撲beyond2020場所」で横綱土俵入りを披露する稀勢の里関=4日、両国国技館(代表撮影)
写真を見る

 日本相撲協会は4日、東京都墨田区の両国国技館で2020年東京五輪・パラリンピックの機運醸成の一環として「大相撲beyond2020場所」を2年連続で実施し、外国人や障害者ら招待客の約4千人が、日本の伝統文化を楽しんだ。

 土俵に近いたまり席のエリアに初めて車いす席を設け、関取が車いすを押して入場した。取組などの説明は外国人用に英語で館内に放送され、障害者用に手話や字幕がモニターに映し出された。

 横綱に5人連続で挑む「横綱五人掛かり」が国技館で16年ぶりに行われ、秋場所を制した日馬富士関が次々と関脇以下の力士を退けた。

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]