西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

五輪選手村で50億円超削減も 組織委、IOCに提示

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会が4日までの国際オリンピック委員会(IOC)との事務折衝で、IOCが求める選手村の建設基準が緩和されれば最大50億円超のコストカットが可能などとする経費削減案を示したことが分かった。自転車会場となる静岡県伊豆市の伊豆ベロドロームとマウンテンバイクコースは最大26億4千万円を削れるとした。

 提示した削減案は25項目。IOCから難色を示された項目や、国際競技連盟の承認を要する項目もあり、組織委は今後、関係組織と協議を進める。実現可能な部分は年内にまとめる第2版の予算計画に反映させる。

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]