ホークスファンタブレット

V長崎会長「申し訳ない」 社長ら辞表 クラブ関係者も衝撃

サポーター会合の冒頭、池ノ上俊一社長らから辞任の申し出があったことを報告する内田正二郎会長(左端)
サポーター会合の冒頭、池ノ上俊一社長らから辞任の申し出があったことを報告する内田正二郎会長(左端)
写真を見る

 サッカーJ2、V・ファーレン長崎は8日夜、池ノ上俊一社長、岩本文昭専務、服部順一ゼネラルマネジャー(GM)3人が辞表を提出していたことを明らかにした。経営トップである常勤役員3人全員の辞表という異例の事態に、サポーターだけでなくクラブ関係者も衝撃を受けている。

 この日夜、佐世保市でのサポーター会合に当初出席予定だった3人の姿はなく、非常勤の内田正二郎会長らが出席し、集まったサポーター約25人に説明。だが、辞表の理由やJリーグの外部監査を受けている背景など詳細な状況は明らかにせず、内田会長は「皆さまには大変申し訳なく思っているが、ぜひご理解たまわりたい。今後のクラブ経営に関しては方向性を明確にしてあらためて報告したい」と述べるにとどまった。

 サポーターとの質疑応答でもクラブ側の説明は手間取ることが多く、混乱している様子がうかがえた。クラブ側は「きょう回答できなかったことは持ち帰り、11日の諫早市内でのファンミーティングで回答する」とした。

=2017/02/09付 西日本新聞朝刊=

◆好評の西日本新聞アプリ。30日分の全紙面と速報ニュース。初月無料でお試し!
◆ホークスFANタブレットが登場。もれなくマッチとワッチに会える特典付き!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]