西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

V・ファーレン長崎184センチFWの平松シュート量産狙う

高木監督(右)とポストプレーの練習をする長崎・平松
高木監督(右)とポストプレーの練習をする長崎・平松
写真を見る

 184センチと長身の長崎FW平松はシュート量産を狙う。今季チームの総シュート数はリーグ12位の328本。昇格請負人として8月にJ1新潟から期限付き移籍で加入した平松は7試合で10本にとどまり、PKを含む2得点と爆発しきれていない。「もっとゴールに向かう回数を増やさないとシュート数も増えない。結果を出してチームを助けたい」と危機感を募らせ、5日の練習後には元日本代表FWの高木監督とポストプレーの特訓を行った。

=2017/10/07付 西日本スポーツ=

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]