オリンピック

メダル記念の飲料自販機設置 五輪選手強化で郵便局に

 五輪支援自販機の「メダリストメモリアル機」の発表会で記念写真に納まる(左から)吉田沙保里さん、北島康介さん、登坂絵莉さん=18日午前、東京都港区

 日本オリンピック委員会(JOC)は18日、売り上げの一部が選手強化費などになる「JOCオリンピック支援自販機」の企画の一環で、リオデジャネイロ五輪のメダリストの出身地や練習拠点の郵便局に、金、銀、銅の色を配した「メダリストメモリアル機」を設置すると発表した。

記事を読む 8月18日

東京五輪にLGBT拠点を 国内初の試み、社会の変化促す

 2015年にトロントの国際スポーツ大会で設置されたLGBTの拠点「プライドハウス」(提供写真)

 2020年東京五輪・パラリンピックの期間中に、同性愛や性同一性障害などの性的少数者(LGBT)の交流や情報発信の拠点となる施設を設置する計画を、都内のNPO法人が進めていることが16日、分かった。10年バンクーバー冬季大会以降、国際スポーツ大会では「プライドハウス」と呼ばれるこうした拠点が開催都市に設けられる事例が増えており、国内では初の試みとなる。

記事を読む 8月16日

高校生の地理五輪で銀1銅1 ポスター部門は1位

 文部科学省は8日、世界の高校生らが参加してセルビアで開かれた「国際地理オリンピック」で、日本代表4人のうち筑波大付属駒場高(東京都)2年の青沼恵人さん(16)が銀メダル、広島大付属福山高3年の日名子晃一さん(17)が銅メダルを取ったと発表した。

記事を読む 8月8日

平昌と江陵の2カ所設置へ 冬季五輪のジャパンハウス

 来年2月の平昌冬季五輪で、2020年東京五輪や日本選手団の情報発信の拠点となる「ジャパンハウス」が、開閉会式などが行われる山間部の平昌と氷上競技を実施する江陵の2カ所に設置される見通しであることが4日、関係者への取材で分かった。大会組織委員会によると二つのジャパンハウスを設けるのは「初の試み」で東京都や関係省庁、日本オリンピック委員会(JOC)と連携して東京の魅力や日本文化を紹介し、東京五輪を世界にPRする。

記事を読む 8月5日

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]