ホークスファンタブレット

ご意見・情報をお寄せください

西日本新聞・都市圏総局
メールアドレス tiiki@nishinippon.co.jp
ファックス 092(711)6242
フェイスブック(西日本新聞ニュース)

障害差別解消へ、市民と対話集会 福岡市、新年度開催

 福岡市が2018年度中の施行を目指す「障がい差別解消条例」制定に向け、高島宗一郎市長は6日、当事者を交えたタウンミーティングを開催することを明らかにした。市議会定例会本会議の代表質疑で、楠(くすき)正信市議(公明)の質問に対する答弁。

 昨年4月施行の障害者差別解消法は、自治体にも障害者への「合理的配慮」を義務付けた。これを受け、市はより実効性の高い条例制定に向け、検討会議を設置して協議を進めている。

 楠氏は「障害者差別の実態を市民が知ることから始めなければ、『合理的配慮』の真意を条例に刻むことはできない」と指摘。これに対し高島市長は「差別や合理的配慮の具体例を公開し、市民一人一人が差別解消に向けて何が出来るのかを実感できるよう理解促進に努めていく」と述べた。

 市障がい者在宅支援課によるとタウンミーティングは17年度に実施。「複数回実施し、市民の声を幅広く聞きたい」としている。

=2017/03/07付 西日本新聞朝刊=

◆500台限定!ホークスファン専用のタブレットが今月より発売開始。プレミアム特典も。

続報中

西日本新聞のイチオシ[PR]

地方議会「見える化」計画とは?

 地方議会の活性化を応援し、住民にとって身近な存在への改革を後押しする西日本新聞のキャンペーン。地方議会の日常的な質疑や議員さんたちの活動を西日本新聞紙面やインターネット、SNSなどを活用して発信します。皆さんの身近な地域の課題やお困りごと、意欲的な取り組みなども取り上げながら、地方議会と共に解決に向けたお手伝いをできればと考えています。

トピックスニュース

ランキング

  1. メタボ防止のため、メジャーで胴回りを測る僧侶たち=タイ東北部(ジョンジィット教授提供)
    タイ僧侶の半数メタボ 経済成長、供物に甘味や油物
  2. 福岡公演をPRする(左から)桜舞しおんさん、春妃うららさん、紅羽真希さん
    「宝塚」25日から福岡公演 県内出身3人が抱負
  3. 「地域の人と接する時間が楽しい」と話す長崎県警の大朝葵(おおあさ・あおい)巡査
    白バイ隊員の夢へ一歩 時津署久留里交番の新人巡査
  4. 交番前で立ち番をする池田和夫さん
    「県民の警察官」表彰 34年、身近な警察官一筋 
  5. 飲酒後のコース走行では勢いよく進みすぎ、コーンをなぎ倒してしまった
    「一度くらい」軽い気持ちが重い代償 自動車学校で飲酒運転体験
西日本新聞のイチオシ[PR]