西日本新聞電子版サービス 1周年記念プレゼントpurezento

ご意見・情報をお寄せください

西日本新聞・都市圏総局
メールアドレス tiiki@nishinippon.co.jp
ファックス 092(711)6242
フェイスブック(西日本新聞ニュース)

障害差別解消へ、市民と対話集会 福岡市、新年度開催

 福岡市が2018年度中の施行を目指す「障がい差別解消条例」制定に向け、高島宗一郎市長は6日、当事者を交えたタウンミーティングを開催することを明らかにした。市議会定例会本会議の代表質疑で、楠(くすき)正信市議(公明)の質問に対する答弁。

 昨年4月施行の障害者差別解消法は、自治体にも障害者への「合理的配慮」を義務付けた。これを受け、市はより実効性の高い条例制定に向け、検討会議を設置して協議を進めている。

 楠氏は「障害者差別の実態を市民が知ることから始めなければ、『合理的配慮』の真意を条例に刻むことはできない」と指摘。これに対し高島市長は「差別や合理的配慮の具体例を公開し、市民一人一人が差別解消に向けて何が出来るのかを実感できるよう理解促進に努めていく」と述べた。

 市障がい者在宅支援課によるとタウンミーティングは17年度に実施。「複数回実施し、市民の声を幅広く聞きたい」としている。

=2017/03/07付 西日本新聞朝刊=

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

この記事が気に入ったら『西日本新聞ニュース』にいいね!しよう

続報中

西日本新聞のイチオシ[PR]

西日本新聞の公式アカウントをフォローしよう


地方議会「見える化」計画とは?

 地方議会の活性化を応援し、住民にとって身近な存在への改革を後押しする西日本新聞のキャンペーン。地方議会の日常的な質疑や議員さんたちの活動を西日本新聞紙面やインターネット、SNSなどを活用して発信します。皆さんの身近な地域の課題やお困りごと、意欲的な取り組みなども取り上げながら、地方議会と共に解決に向けたお手伝いをできればと考えています。

トピックスニュース

ランキング

  1. 手術室前で整列して臓器提供者を迎える医師たち。提供者に敬意を表すためという(聖マリア病院提供)
    【命をつなぐ 臓器移植法20年】<1>提供の意思 5人にリレー
  2.  埼玉4区で落選し、支持者らにあいさつする豊田真由子氏=22日深夜、埼玉県新座市
    暴行問題の豊田氏の落選確実 埼玉4区、支持者離れる
  3. チェンマイで第二の人生を踏み出した岡晴雄さん(右)。左は妻ピチャーモンさん
    元行員「タイで救われた」 最低でも月10万円必要 優雅な年金生活は夢か
  4.  鉄製の足場が倒壊した病院の建設工事現場=22日午後7時5分、福岡市東区
    足場倒壊で男性歩行者死亡 福岡、台風影響か
  5. 安価なアジア人気 タイの主なロングステイビザの取得要件
西日本新聞のイチオシ[PR]