西日本新聞電子版サービス

ご意見・情報をお寄せください

西日本新聞・都市圏総局
メールアドレス tiiki@nishinippon.co.jp
ファックス 092(711)6242
フェイスブック(西日本新聞ニュース)

市長給与減額案再び否決 太宰府市議会

 太宰府市議会は16日の3月定例会最終本会議で、芦刈茂市長の給与を月額91万9千円から82万7千円に減額する特例条例制定案を全会一致で否決した。市長給与を月額70万円に減額すると公約に掲げて初当選した後の一昨年6月定例会に続く、2度目の市長給与減額案否決。市長は取材に対し「誠に残念だが、重く受け止める」と延べ、今回提案した給与減額分などは4月以降、法務局に供託する意向を示した。

 特例条例制定案の審議を付託された総務文教常任委員会の門田直樹委員長は「公約と趣旨が違うなどの意見があり、全員一致で否決した」と報告。この日の討論でも同氏は「減額案が公約と違う理由、減額幅を(現給与の)10%とする根拠などの合理的説明が市長からなされていないない」として反対を表明した。

 採決では1人も賛成せず、市長は取材に「4月分から、今回提案した給与や賞与の減額分を供託する」と述べた。一昨年6月定例会で提案し、否決された給与月額70万円への減額案を今回、82万円7千円とした点については「一度否決された内容と同じ案を出すわけにはいかない」とした。

 この日の本会議では、233億1680万円の2017年度一般会計当初予算案など35議案を可決し、閉会した。

=2017/03/17付 西日本新聞朝刊=

続報中

西日本新聞のイチオシ[PR]

地方議会「見える化」計画とは?

 地方議会の活性化を応援し、住民にとって身近な存在への改革を後押しする西日本新聞のキャンペーン。地方議会の日常的な質疑や議員さんたちの活動を西日本新聞紙面やインターネット、SNSなどを活用して発信します。皆さんの身近な地域の課題やお困りごと、意欲的な取り組みなども取り上げながら、地方議会と共に解決に向けたお手伝いをできればと考えています。

トピックスニュース

ランキング

  1. 国宝「カットグラス碗片」(6世紀、宗像大社所蔵)。現在のイランからシルクロード経由でもたらされたとみられる
    出土8万点「海の正倉院」
  2. 27階建て複合ビルに再開発される予定の旧長崎玉屋ビル
    長崎玉屋跡27階ビルに 新大工町再開発計画 市内屈指の高層化、21年度完成
  3. 九州北部の病院で働くある看護師さんは「うそ」をつくことがあると話す
  4. 強風で吹き飛んだ防風フェンス。幸い道路を隔てた民家に被害はなかった=4月11日、鹿児島県霧島市
    鹿児島・霧島のメガソーラー建設 防風林計画変更を県が許可 隣接民家に強風直撃
  5. 槻木小前で活動を振り返る集落支援員の上治英人さん=熊本県多良木町槻木
    「よそ者」支援員、新町長が“解雇” 熊本・多良木町、槻木集落再生4年で幕
西日本新聞のイチオシ[PR]