“V請負人”冨永裕輔が国歌独唱

 北九州市出身でホークス応援ソング「The Catch!」などの作品があるシンガー・ソングライター、冨永裕輔(32)が試合前に国歌を独唱した。ホークス主催試合での国歌独唱は2011、14、15年に続き4度目で、過去3度のシーズンは全てチームがリーグ優勝、日本一に輝いている“優勝請負人”だ。幼いころからホークスの大ファンだった冨永は「スタンドと思いが一つになるように心を込めて歌った」と、3カード連続負け越し中のチームへの思いも込めて勝利の美声を響かせた。

=2016/08/17付 西日本スポーツ=

西スポの公式アカウントをフォローしよう

ホークスランキング

  1. マシーンが投げたボールを捕球する曽根(右)。左は樋越
    ソフトB工藤監督奥の手 「捕手・曽根」 故障者続出で22歳内野手に白羽の矢
  2. 子どもたちの前でロングティーを披露する内川
    ソフトB内川、来夏球宴の熊本でもMVPに名乗り 13年の福島に続き
  3. 特守でノックを受ける栗原。手前は九鬼
    ソフトB達川ヘッドコーチ、V2への死角は「第3捕手」 A組抜てき栗原、九鬼「まだまだ」
  4. 九鬼(左端)、堀内(中央)と一緒に練習する谷川原
    ソフトB谷川原が石川から助言
  5. 工藤監督が見守る中、ブルペンで投げ込む長谷川宙
    ソフトB育成の超有望株も「来年いないかもしれない」と漏らす厳しい現実
西日本新聞のイチオシ[PR]