“V請負人”冨永裕輔が国歌独唱

 北九州市出身でホークス応援ソング「The Catch!」などの作品があるシンガー・ソングライター、冨永裕輔(32)が試合前に国歌を独唱した。ホークス主催試合での国歌独唱は2011、14、15年に続き4度目で、過去3度のシーズンは全てチームがリーグ優勝、日本一に輝いている“優勝請負人”だ。幼いころからホークスの大ファンだった冨永は「スタンドと思いが一つになるように心を込めて歌った」と、3カード連続負け越し中のチームへの思いも込めて勝利の美声を響かせた。

=2016/08/17付 西日本スポーツ=

西スポの公式アカウントをフォローしよう

ホークスランキング

  1. ソフトB16選手と契約更改
  2. 1億4500万円で契約を更改した今宮。祝砲を放ち笑顔を見せた
    ホークス今宮1億円突破 予想超え「『えっ!』って思った」
  3. 500万円ダウンで契約を更改した柳田
    ホークス柳田初ダウン タイトル取っても
  4. 7月にKoboパーク宮城での楽天戦の前、ガチガチに緊張して野村克也氏(右)にあいさつする甲斐。左端は達川ヘッドコーチ
    ノムさん ソフトB甲斐にはボヤキなし 「肩が強い本当に楽しみな選手」
  5. 1億円突破して更改、笑顔でポーズを決める中村晃
    晃 大台超え1億2000万円 56%の大幅アップ
西日本新聞のイチオシ[PR]