西日本新聞電子版サービス

九州に14の主要活断層 福岡沖地震から12年、活動周期の調査必要

掘削調査で判明した宇美断層。白っぽく見える地層が断層活動でゆがんだとみられる=昨年3月、福岡県須恵町植木
掘削調査で判明した宇美断層。白っぽく見える地層が断層活動でゆがんだとみられる=昨年3月、福岡県須恵町植木

 福岡沖地震から20日で12年を迎えた。最大震度6弱を引き起こした警固(けご)断層帯に加え、政府は2月、平行する宇美断層と日向峠(ひなたとうげ)-小笠木峠(おかさぎとうげ)断層帯も「主要活断層帯」に追加。マグニチュード(M)7以上の地震を起こす可能性が高いとされ、専門家は「福岡地区で再び大きな地震が起きる恐れがある」と指摘する。九州では他にも4カ所が主要活断層帯に追加されており、防災を担う行政からは、活動周期などの早期調査を望む声が強まっている。

 主要活断層帯は、地表面に現れた長さが20キロ以上、過去千年間のずれが10センチ以上などの条件を満たすものを指す。政府は2013年から断層の再評価を進めており、今年2月には九州の「宇美」「日向峠-小笠木峠」「福智山」「佐賀平野北縁」「緑川」「甑(こしき)」の計6カ所を含めた16断層帯を追加。全国の主要断層帯は計113カ所、うち九州は14カ所となった。

 福岡沖地震では、警固断層帯の海側に当たる北西部25キロが動いたが、福岡市中心部を走る陸側の南東部27キロは破壊されないまま。政府が示す地震発生確率は「30年以内に3%以上」と、最も高いSクラスだ。

 周辺の宇美断層、日向峠-小笠木峠断層帯も追加されたことから、専門家は「福岡地区でいつ地震が起きてもおかしくない」と危険性を指摘。福岡県は「今回の追加で県民の防災意識が高まり、国の調査も進むことを期待している」としている。

 九州では地震発生確率Sクラスの断層帯として、警固断層帯のほかに昨年4月の熊本地震で割れ残った「布田川・日奈久」や「雲仙」「別府-万年山」、今回追加された「福智山」がある。

=2017/03/21付 西日本新聞朝刊=

ニュースまとめ

続報中

西日本新聞のイチオシ[PR]

トピックス


トピックスニュース

ランキング

  1. 「辞任は当然」地元・佐賀 今村復興相更迭
  2. 記念招待試合でボールを追う福岡高(赤)と修猷館高(水色)のフィフティーン
    福高圧勝、100周年に花 ラグビー部、修猷館高と記念試合
  3. 警固公園でたむろする特攻服姿の若者たち(読者提供)
    中学「卒業集会」、いたちごっこ 博多駅で騒ぎ→警察が補導→舞台は天神へ
  4. 少女像設置に市民団体抗議 釜山の日本総領事館前
  5. 九州の政治家失言多い? 今村復興相引責辞任 震災巡り失言 国会審議止まる
西日本新聞のイチオシ[PR]