ワードBOX

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

台湾の故宮博物院

 青銅器や陶磁器、書画など中華文明の粋というべき宝物約65万点を収め、世界4大博物館に数えられることもある。収蔵品はもともと、北京にある故宮博物院にあったが、日中戦争のために疎開を繰り返し、国民党政権が共産党との内戦で劣勢となった1948年に台湾へ移した。65年に台北市の現施設で公開が再開され、日本人観光客も多い。2008年には台湾中部の嘉義県に分館が開設される予定で、こちらは台湾とアジアの関係を中心とする展示内容になる。

2003年02月11日更新

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]