ワードBOX

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

北朝鮮の核実験

 北朝鮮は2005年2月に核保有を宣言し、06年10月、日本海側の北東部豊渓里で初の地下核実験を行った。その後も豊渓里で09年5月、13年2月、16年1月と数年おきに実施し、16年9月9日には弾道ミサイルに装着できる「核弾頭の爆発実験」とする5回目を強行した。北西部寧辺の核施設で抽出したプルトニウムのほか、高濃縮ウランを使用している可能性もある。爆発規模は毎回大きくなっており、5回目は10~30キロトン程度(TNT火薬換算)とみられている。米軍が広島に投下した原爆は16キロトン、長崎は21キロトンだった。

2017年09月04日更新

【関連記事】

北朝鮮「水爆実験成功」 ICBM用と発表 6回目核実験、最大規模 日米韓、圧力強化へ

 日本政府によると、北朝鮮北東部の咸鏡北道豊渓里(プンゲリ)付近で3日午後0時29分ごろ、マグニチュード(M)6・1の地震波が観測された。北朝鮮は日本時間同日午後3時半、地下核実験場で大陸間弾道ミサイル(ICBM)に搭載する水素爆弾(水爆)の実験に「完全に成功した」と発表した。日本政府は核実験と断定した。北朝鮮の核実験は昨年9月9日の建国記念日以来で、通算6回目。爆発規模は過去最大。7月の2回にわたるICBM発射実験に続き、核兵器開発が最終段階に入ったことを米国などの国際社会に誇示する狙いとみられ、朝鮮半島の緊迫はさらに高まった。

 安倍晋三首相は3日午後、「断じて容認できない」と非難した。日米首脳は同日夜に電話会談し「これまでにない強い圧力」をかける必要があるとの認識で一致。安倍氏はロシアのプーチン大統領とも電話会談し、国連安全保障理事会での協力を呼び掛けた。

 トランプ氏はツイッターで「非常に敵対的で危険だ」とし「ならず者国家」と非難。日米韓は北朝鮮への圧力を強化する構えで、安保理の緊急会合開催を求める方向で調整に入った。

 北朝鮮の発表によると、水爆の実験は「新たに研究・導入した(爆発)威力調整技術と内部構造設計の信頼性を確証するために実施した」とし、「全ての物理的指標が設計値に十分に到達した」と強調。過去最大の爆発威力で実験したが、地表面噴出や放射性物質の漏えいはなかったとしている。小野寺五典防衛相は同日、震度から試算した爆発規模は約70キロトンとの分析を記者団に示した。

 北朝鮮の国営メディアは3日朝、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が核兵器研究所を視察し、ICBMに搭載する水素爆弾を見て満足の意を表したと伝えた。日時は不明だが、水爆実験の直前とみられ、金委員長は「核戦力を完成させるため、最終段階の研究開発を立派に締めくくるよう」指示したという。

 北朝鮮は7月4日にICBM「火星(ファソン)14」の初の発射実験を実施し、同28日に2回目を実施。8月29日には米軍の要衝グアムを射程に収める中距離弾道ミサイル「火星12」を発射、北海道上空を通過させて、太平洋上に落下させた。

 北朝鮮は昨年1月、「水爆」と称して4回目の核実験を実施。同9月には弾道ミサイル搭載用の核弾頭の爆発実験とする5回目を強行。爆発規模は10~30キロトンとみられていた。 (ソウル曽山茂志、ワシントン田中伸幸、一瀬圭司)

=2017/09/04付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]