ワードBOX

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

除斥期間

 権利が存続する期間のこと。時効と異なり中断や停止は認められないため、行使せずに経過すると権利は自動的に消滅する。民法724条に基づき、損害賠償を請求できる期限は不法行為があった時点から20年間。起算点は「加害行為」があった時だが、2004年4月の筑豊じん肺訴訟の最高裁判決では「一定の潜伏期間経過後に症状が出る病気などの場合、発病時が起算点となる」と被害救済の範囲を広げる判断を示した。

2017年12月12日更新

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]