ワードBOX

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

H2Aロケット

 日本が2001年から運用する主力の大型ロケット。全長53メートル。第1段の上に第2段が重なった2段式で、それぞれにエンジンがあり、燃料の液体水素と液体酸素を反応させて飛行する。飛行中に燃料を使い終わった第1段を切り離し、第2段で搭載された人工衛星を計画の軌道に運ぶ。宇宙航空研究開発機構(JAXA)の前身の宇宙開発事業団と三菱重工業が開発した。JAXAと三菱重工は、20年度の打ち上げを目指し、費用が半額となる後継機「H3」を開発中。

2017年12月24日更新

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]