ワードBOX

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

地鶏

 日本の在来種を親などに持つニワトリで、日本農林規格(JAS)が基準を定める。明治までに国内で定着していた「シャモ」など在来種の血を50%以上含み、ふ化から75日以上の飼育が必要。28日目以降は、鶏が床や地面を自由に運動できるようにして飼うことも条件。50日程度で出荷するブロイラー(肉用若鶏)との違いを出すため、餌などを工夫して育てた「銘柄鶏」もある。

2017年06月21日更新

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]