ワードBOX

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

ダイオキシン

 毒性の強い有機塩素化合物のポリ塩化ジベンゾダイオキシン(PCDD)や、カネミ油症患者から高濃度で検出されるポリ塩化ジベンゾフラン(PCDF)などをダイオキシン類と呼ぶ。ベトナム戦争で米軍が使用した枯葉剤に含まれていた2、3、7、8―四塩化ダイオキシンは最も毒性が強いとされる。ダイオキシン類は、発がん性や奇形を起こす作用だけでなく、生殖器官など体のさまざまな部分に異常をきたす。廃棄物の焼却などで発生するが、自然界では分解されにくく、生物の体内にいったん入ると、蓄積され、排出されにくい。

2003年02月12日更新

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]