ワードBOX

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

大陸間弾道ミサイル(ICBM)

 大洋をまたいで大陸間を飛行できる陸上発射型の弾道ミサイルで、戦略核の運搬手段となる。米ソ間の戦略兵器制限交渉での定義に基づき、一般に射程5500キロ以上を指す。米国、ロシア、中国が配備している。北朝鮮は2012年4月の軍事パレードで開発中のICBM「KN08」を公開。15年10月の軍事パレードで改良型「KN14」が登場した。今年1月、発射実験準備が「最終段階」とし、7月4日、「火星14」の発射実験を実施し「成功した」と表明していた。 

2017年07月29日更新

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]