ワードBOX

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

自民党四役

 自民党の幹事長、総務会長、政調会長、選対委員長の総称。任期はいずれも1年だが再任できる。総裁や副総裁に次ぐ重要な役職で、党の意思決定を担う。原則として政調会長までの党三役を重要閣僚級の別格と扱ってきた。2007年9月に発足した福田政権は、選挙対策総局長のポストを選対委員長と改め、三役と同格にした。野党時代にいったん三役体制に戻ったが、12年12月に第2次安倍政権が発足した際、再び選対委員長を格上げした。

2017年08月03日更新

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]