ワードBOX

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

ニホンカワウソ

 イタチ科の哺乳類で、かつては国内各地の川の流域や海岸に生息していた。体は細長く毛に覆われ、足に水かきがあるのが特徴。泳ぎが得意で、水中の魚やエビ、カニを食べる。毛皮目的の乱獲や河川の汚染、護岸工事などで激減し、1979年の高知県須崎市での目撃例が最後とされてきた。
 環境省は2012年、生息を30年以上確認できないとして「絶滅した」と判断した。

2017年08月17日更新

関連記事

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]