ワードBOX

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

休み明けの自殺問題

 内閣府が、厚生労働省の人口動態調査の情報を基に、2013年までの42年間に自殺した18歳以下の子ども計1万8048人を分析したところ、9月1日が131人で突出して多いことが判明。4月11日が99人、4月8日が95人、9月2日が94人、8月31日が92人など、長期休暇明け前後に増える傾向が分かり、自殺防止の取り組みが官民の間に広がっている。

2017年08月21日更新

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]