ワードBOX

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

O157

 腸管出血性大腸菌の一種で、少量でも食中毒の原因となる。発熱や下痢、血便を引き起こし、溶血性尿毒症症候群(HUS)や脳症を併発して死亡することもある。抵抗力が弱い乳幼児や高齢者は重症化しやすい。生または加熱が不十分な肉、野菜など幅広い食品で感染例がある。75度で1分以上加熱するか塩素で殺菌する。1996年には堺市で集団食中毒が発生し9千人以上が感染、小学生3人が死亡した。

2017年08月25日更新

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]