ワードBOX

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

山口組の分裂

 2015年8月27日、国内最大の指定暴力団山口組の直系組長13人が離脱し神戸山口組を結成した。山口組の篠田建市(通称・司忍)組長の出身母体、弘道会が主導する組織運営への反発が分裂の原因とされる。その後、各地で両組織による事件が相次ぎ、警察庁は16年3月、両組織を対立抗争状態にあると認定。同4月には兵庫県公安委員会が神戸山口組を指定暴力団とした。神戸山口組からは今年4月、一部幹部が離脱し新たな組織の結成を表明。当初「任侠団体山口組」を名乗ったが、後に「任侠山口組」と改称した。

2017年09月12日更新

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]