ワードBOX

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

埋蔵文化財と文化財保護法

 文化財保護法は、埋蔵文化財があることが分かっている場所で開発を進める場合、事業者に対し各自治体に届け出をするよう規定。遺跡を現状のまま保存できない場合は発掘調査を実施し、記録するよう定めている。被災地では、住宅再建や道路整備に絡む埋蔵文化財の調査件数は一時的に増加する傾向にある。兵庫県によると、同法に基づく開発の届け出件数は阪神大震災が発生した1994年度の663件から95年度は1205件に急増した。

2017年09月15日更新

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]