ワードBOX

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

長短金利操作

 物価上昇率2%の実現に向け、日銀が2016年9月に導入した短期金利(日銀が民間銀行から預かる資金に課す手数料)と長期金利(新発10年国債利回り)を操作する金融政策の枠組み。調節目標は、短期金利が「マイナス0・1%」、長期金利が「0%程度」。日銀が長期金利を低く抑えることで、企業や個人が融資やローンなどの資金調達をしやすくなり、景気や物価を刺激する効果が期待される。

2017年09月22日更新

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]