ワードBOX

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

スーパーカブ

 ホンダが1958年に発売した二輪車。「そば屋の出前持ちが片手で運転できるように」と、足元で変速できるようにするなど使い勝手を追求して開発。ホンダの経営が拡大する原動力になった。発売から約60年が経過した現在でも基本的な構造はほとんど変わっていない。中国のほかインドネシアやベトナム、タイなどで生産され、年間約300万台が販売されている。

2017年09月27日更新

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]