ワードBOX

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

泉南アスベスト訴訟

 大阪府の泉南地域の紡績工場でアスベスト(石綿)を吸い込んで中皮腫や肺がんを患った元労働者らが国に損害賠償を求めた集団訴訟。最高裁は2014年10月、対策を怠った国の賠償責任を初めて認め、2陣原告の患者30人と遺族に約3億3千万円の賠償を命じた大阪高裁判決が確定。高裁で敗訴していた1陣原告の患者22人と遺族も高裁に審理が差し戻され、国が約2億7千万円を賠償するなどの内容で和解した。

2017年09月30日更新

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]