ワードBOX

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

衆院の採決方法

 本会議に出席した議員の起立採決が一般的だが、予算案や内閣不信任決議案などの重要議案、対決法案では出席議員の5分の1以上が求めれば本会議場での記名投票とすることが可能になる。議員の名前を記した2種類の札が用意され、賛成は白票、反対は青票をそれぞれ壇上で衆院職員に手渡す。起立、記名とは別に、全会派が賛成ならば議長が異議のないことを口頭で確認し、可決を宣言する採決方法もある。参院は自動集計の「押しボタン式投票」が原則だ。

2017年10月01日更新

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]