ワードBOX

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

生殖医療

 世界で初めて体外受精による子どもが誕生したのは1970年代後半。90年代には妊娠率を高めるため状態の良い精子を選ぶ顕微授精が始まった。日本では2014年までに43万人がこうした手法で誕生。親でなく他人の卵子や精子を使う例も出てきた。受精卵を子宮に戻す前に病気の有無を調べる遺伝子検査も始まり、命の選別につながるとの懸念も出ている。

2017年10月18日更新

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]