ワードBOX

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

人体の補完と拡張

 事故や病気で失われた体の機能を補う手法では臓器移植が一般的。人工多能性幹細胞(iPS細胞)などで臓器をつくる再生医療も将来の応用が期待される。一方で神経信号と連動するロボット義手や義足も実用化に近づく。筑波大発のベンチャー企業が開発した歩行用スーツ「HAL」を使って、脳卒中患者の歩行能力を回復させる臨床試験が始まっている。

2017年10月19日更新

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]