ワードBOX

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

衆院選1票の格差訴訟

 国会議員1人当たりの有権者数が選挙区ごとに異なり、1票の価値に不均衡が生じるのは、法の下の平等を定めた憲法に反するとして選挙無効を求める訴訟。不平等が著しい場合は「違憲状態」、その状態が合理的な期間内に是正されなければ「違憲」となる。最高裁は1972年と83年の選挙を違憲と判断。94年の小選挙区制導入後は96年、2000年、05年を「合憲」、09年、12年、14年を違憲状態と判断した。

2017年10月24日更新

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]