ワードBOX

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

日本相撲協会の危機管理委員会

 相撲協会が不祥事の予防や発生した場合の適切な対応などを目的として2012年に設置した。不祥事が起きた際には関係者への聴取などの調査を行い、協会への報告や処分案をまとめる役割を担う。協会の元外部理事の宗像紀夫氏(元東京地検特捜部長)が初代委員長を務め、16年に高野利雄外部理事(元名古屋高検検事長)が委員長に就任。力士出身者では尾車(元大関琴風)鏡山(元関脇多賀竜)春日野(元関脇栃乃和歌)の各理事もメンバー。

2017年11月20日更新

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]