ワードBOX

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

ベトナム戦争と脱走兵

 1954年のジュネーブ協定で南北に分断されたベトナムが互いに戦った戦争。南ベトナムを支持した米国は65年に北爆を開始し、散布した枯れ葉剤は深刻な健康被害をもたらした。女性や子どもが殺害されたソンミ村虐殺事件が報道されるなどし、反戦運動が拡大。米軍から脱走兵が続出した。日本では、作家の小田実氏が代表を務めた「ベトナムに平和を!市民連合」(ベ平連)が中心となり脱走兵を支援。戦争は75年、南ベトナムが全面降伏し終結した。

2017年11月20日更新

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]