ワードBOX

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

旧優生保護法

 「不良な子孫の出生を防止する」との優生思想に基づき1948年に施行された。ナチス・ドイツの「断種法」の考えを取り入れた国民優生法を前身とする。知的障害や精神疾患、遺伝性疾患などを理由に本人の同意がなくても不妊手術を認めた。同様の法律により不妊手術が行われたスウェーデンやドイツでは、国が被害者に正式に謝罪し補償を行っている。

2017年12月04日更新

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]