ワードBOX

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

高速増殖原型炉もんじゅ

 プルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料を使い、発電しながら消費した以上のプルトニウムを生み出す原子炉。出力は28万キロワットで1994年に初臨界。95年のナトリウム漏れ、2010年の炉内装置落下、12年の機器点検漏れ発覚などトラブルが続発した。原子力規制委員会は15年、運営主体を日本原子力研究開発機構から変更するよう所管の文部科学相に勧告し、政府は16年12月に廃炉を決めた。核燃料サイクル政策の中核施設として1兆円超の国費が投じられたが、運転は250日にとどまった。

2017年12月07日更新

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]