ワードBOX

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

社会契約論

 フランスの思想家ジャン・ジャック・ルソー(1712~78)の著作。1762年刊。人々が生き延びるために、さまざまな権利を共同体に委ねて「社会契約」を結ぶことなど民主主義の原理を説いた政治思想の代表的作品。フランス革命の導火線となり、日本では中江兆民が「民約訳解」に翻訳して紹介した。

2017年12月07日更新

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]