ワードBOX

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

沸騰水型原発

 原子炉で発生させた高温高圧の蒸気で直接タービンを回して発電する比較的単純な構造だが、被ばく対策が必要な設備が多くなる。一方、西日本に多い加圧水型は熱水を蒸気発生器に送り、別系統を流れている水を蒸気に変えてタービンを回す。どちらの型も東京電力福島第1原発事故後、事故対策が強化された新規制基準では、格納容器内の蒸気を放出する「フィルター付きベント」の設置が義務化された。

2017年12月25日更新

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]