ワードBOX

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

肥前狛犬

 16世紀末から18世紀前半にかけて、佐賀県小城市牛津町砥川(とがわ)地区の石工集団によって主に地元産出の安山岩で制作された。江戸中期以降に一般化する唐獅子型狛犬と比べて小柄で、四肢と胴部の間をくりぬかないなど、デフォルメされた体つきとユーモラスな顔立ちに特徴がある。分布範囲は佐賀を中心に福岡、長崎、熊本各県の一部に及ぶ。

2017年12月26日更新

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]