ワードBOX

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

ひきこもりの高年齢化

 内閣府が2016年9月に公表した15~39歳対象のひきこもり調査(15年時点)によると、該当者は全国で推計約54万人に上った。期間は「7年以上」が34・7%と最多で、前回調査(10年時点)の2倍超。ひきこもりになった年齢も「35~39歳」が10・2%で倍増した。親が周囲の目を気にして、支援を求められないまま高齢化する例も少なくない。親の年金を頼りにしていた本人が、「親亡き後」に困窮することが懸念されている。

2018年01月04日更新

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]